プロフィール

hirusagari

Author:hirusagari
2008年2月24日
3012gカイトを水中出産。
2011年4月12日
2938gエイトを出産、
二児の母。


2010年8月8日
フランスアンティーク
・ブロカントの
東京奥沢で『帆風舎』立ち上げ、
2011年10月四国へ移住。
2013年4月愛知県長久手に移住。
しばらく旅をしながらイベント参加、
ブロカント(フランス古道具)販売中。

夫婦共通の趣味は子育て。
人に出会うこと。

カイトとエイトと愉快な仲間たち。




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年




明けましておめでとうございます。

IMG_1948_convert_20140105210800.jpg


寝る時間が過ぎても「早く寝なさい!」と言われない一年に一回の唯一の日。
「新しい年まで起きてる〜」って好きなことして遊びながら過ぎていく時間を
「まだかなまだかな」と言いながらも、
残念ながらあと10分とゆうところで寝落ちた人たち。
何とも残念な。。。
また今年の大晦日に再挑戦だね。



さて、私たち夫婦
結婚して間もなくバッグパックでアジアに2ヶ月ちょっと旅に出掛け、
偶然にも二人同じ夢を抱いた。
それをどんなに小さくてものろくても、動いていこうと決めている。




それは「学校」を作ること。

自主性があって、比べることはしない。
個人そのまま。
自由を与え、責任を学ぶ。
そんな居場所がほしい。
そんな夢のような学校があってほしい。

何年かけてもでも創りたい。
ひとりから、ふたり、ゆっくりゆっくりでいい。

そのために今があるような気がするのです。

希望を持って。

今年は今年の生き方、
来年は来年の生き方。
人の数だけ生き方がある。
自分らしく、シンプルに。


今年は+ベビも誕生予定。
そして夫婦の夢も少しずつ前に。
帆風家を引き続き、
今年もよろしくお願いします。


1/1/2014
スポンサーサイト

私の家族




日本の社会、政治、医療、病気、食事のこと、子供のこと、家族、友人、世界のこと、
とにかくどんなことも私たち夫婦は話す。
もちろんお互いの考えもしっかり伝え合う。


そんな夏の終わりのある日、
大ちゃんと
自分たちはどう生きていくか、
丸一日真剣に話していた。


今の日本社会の現状、真実をちゃんと受けとめ、
子供好きな大ちゃんが
「帆風家はオレ、ナオチ、カイト、エイトの4人家族でやっていこう」と言った。
えーーーーーっ!まだ子供ほしいんですけどーーー!みたいな気持ちで
しばらくぐるぐるぐるぐる考えて凹んでもいたけど、
自分にも未来に不安がないわけがない。
彼が彼なりに出した決断だったので、
「わかった」と返事した。


でも人間てやっぱり自然の中の一部、
とってもとっても小さいものなんだと今回思った。


子供を作る、作らない、必要か否か。
そんなことね、人間の頭で考えて決めることじゃない、
とってもおこがましいなって思ってしまった。

だってそれは神様が決めることなんだよね、
『授かるもの』
それも絶妙なタイミングで。



ということで、
わたし三人目を妊娠中。
ただいま4ヶ月突入したのだけど、
まだまだつわりど真ん中。


で、ウチの主、大ちゃんに妊娠のことを伝えた時は、
とっても複雑な顔をしていたよ。
しばらく時間をおいて心の内を聞いてみたら、
「嬉しいにきまってる、でも相反する」と言っていた。
責任感や正義感が強いし、あらゆることを考えた上での決断だったこともわかっているので
その気持ちも理解した。
でも「生命力やな」って。


計画通りにはいかないのも人生、(笑)なのです。


でも
考え続けること、
真実を知り続けること、
動き続けること。



今のことも、先のことも。
小さな命を授かった意味はそこにあると思うから。



すべて神様に感謝です。

IMG_0055_convert_20140105210951.jpg



このつわりも前向きに捉え、
身体をもっともっと大事にしようと思ってます。

いままでのこと。そしてこれからのこと。



自分の根っこの生き方を探すために、
ゆっくりと色んなところへ旅をしていた。
ここ四国に移住してきてもう一年が過ぎた。
あっとういま。
実際はここに半分もいない。



日々、ぼんやりしていたものが、輪郭づいてきて、見えてきたり、
ぼやけたり、消えていったり、また同じ感覚で見えてきたり、
はたまた全く違う形や流れで見えてきたり、消えていったりの
繰り返し。
すべてそんなものなのかなとも思ってきている。



この一年、モノゴトにくっきり輪郭がつき始めると、自分がそれを受入れなかった。
それが何度も、何度も。
向き合えば向き合うほど自分に嘘はつけないし、
ごまかしたって、どうせ剥がれていくもの。
だったら直感のみの行き当たりばったりで、どうなるものか見てみようと思った。
結構まっすぐしか進めない不器用な二人でも、
私たちを見ている方が心配で落ち着かなくて、
長い間、真っ暗でぐねぐねしてる道を歩いているのか止まっているか、
そのスピードも早いのか遅いのかもわからなし、
きっと理解されない生き方かもしれないけど、
私たち夫婦には今、しっくりきている。





でも、大ちゃんにいい波に乗っている。
それだけは確か。





父ちゃん。




今日久しぶりにスーツに袖を通した父ちゃん。


駅まで私たちを送って、
その足で会社の会議に向かっていった。


父ちゃんが新宿伊勢丹の営業を辞め、
家業に力を注いで38年、
会社を担って、
そして私たちを生かしてくれて、
今日が引退の日。



小さい頃から、
ごくふつうの家ではあり得ない苦労とか、
今思えば子供が知らなくてもいいことも知ったり。

そして遊ぶのが一番楽しい時期に家の手伝いを強いられたり、
父ちゃんはいないか、いたら寝ている姿しか見れなかったりと、
なんてことがいっぱいあった。
でも、それがわたしの育ったうち、それがうちの父ちゃん。



その両親のおかげでいい生き方をさせてもらい、
すぐ近くでたくさんのことを感じられたからこそ、
今の自分がある。




ありがとうって、
ほんとうにいっぱい言いたい。
母ちゃんがいなくなってから、
別に求めてもいないことをガミガミ言う娘だけど、
とっても感謝です。



とうちゃん、お疲れさま。
あなたの仕事に対する情熱を見て育った私は本当に幸せ者だ。
ありがとう。




あとの仕事は長生きしてもらうということ。







エープリルフール



4月1日はうちらの結婚記念日。
二人が結婚するなんて、
嘘のような、ノリのような話だったので、
特別意味はないんだけど、
この日にした。


もう7年目とは、ほんと、ビックリ。



劇的ではないけど、
夫婦でマイナーチェンジをし、
子供が出来てモデルチェンジもしながら生きてきた。

IMG_1343_convert_20120401191425.jpg



でもこれからは本気で人の為に動く!と決めている。
過去は振り返らないようにしているけど、
実際今まで自分の為にどれだけ時間と、お金と、
身体と欲と運と、言い訳を使ってきたのだろうと思うと
恥ずかしくなる。


人からの評価はモチベーションが上がったりするから大事だけど、
でも今は周りからどう思われているかとかどんどんどーでもよくなっていて、
これからも少しずつでもそれがなくなっていけば、
もっともっとちゃんと人のこと思える気がして、
きっと今までに見えなかった色んなことまでもが見えてくる気がしてる。
でも、まだまだそこまで全然いけなくて、
自分のちっこいちっこい殻をガンガンと割っていく『覚悟』ってやつなくて、
きっとそんな自分に言い訳しながら葛藤しているんだと思う。



でも今のこんなふうに思えるようになった自分も愛おしい。



そんなことを最近いっぱい二人で話してる。
それが夫婦で話せるだけで、お互いにいい贈り物のような気がしている。









私の母ちゃん。




3年前の今日3/20、
母ちゃんは天国へ云った。


この日がくる1カ月前、
心臓がバクバクして苦しいのよと言っていたが、
カイトの1歳の誕生日で東京まで来てくれ、
カイトのベビーカーを押し、
カイトとずっと話していた。
父ちゃんと一緒にお餅を背負わせてくれたり、
美味しいご馳走でお祝いしてくれた。



この日が来る9日前、
「お母さん、癌が再発したみたいだから、
病院に入るけどすぐ戻ってくるからね」と電話してきた。
いつもと変わらず元気なんだけど、声が震えて聞こえた。



後から妹に聞いたが、
入院する二日前、
母ちゃんは心臓があぶっているのに大好きなゴルフに出掛け、
友達に支えてもらいながら18ホール周りきったと聞いた。
これが母ちゃん最期のゴルフ。
癌を患ってからは、スキなことは今すぐする、
遊びたいから、しっかり働くの!と高い声でいつも言っていた。
母ちゃんらしい。



この日が来る7日前、
私は名古屋に帰り病院へ行くと、
いつもと変わらず優しい母ちゃんが寝ていた。



この日がくる3日前、妹が母ちゃんに付き添った病室で、
2人でダウンタウンDXを見て大笑いしていたと言っていた。
何だか普段の毎日みたいな光景が想像出来た。



2日前、
母ちゃんには「死んでほしくない、もっと生きて」って思っていたけど、
母ちゃんが辛そうで、苦しそうで
それでもってどんどん、どんどん薬を飲まされ弱っていき、
薬まみれになる母ちゃんを見ていて、
どうにかしてでも生きてほしいって願っている家族、
口にはしなかったけど、私は心の中で
「母ちゃん、もう楽になっていいよ」って本気で思っていた。



母ちゃんがその時をむかえ、
家族が気付いたことは、
後から後から出てきた。


母ちゃんは再発して病院に入ってしまったら、
もう二度と出られないとわかっていたから、
どんだけ苦しくても病院へ行かなかったのだ。



自分に与えられた残りわずかな時間を精一杯生きようと、
母ちゃんの中ではもうすでに
人生時間のカウントダウンは始まっていたんだなあって
母ちゃんがいなくなって、
タンスから全身転移している検査結果の資料が出てきてわかったのだ。


仕事も含む身辺整理も、きちんとされていた。
相変わらず几帳面ぬかりなかった。



自分の小さかった時のこと、
色々聞きたいけどもう聞けないから、
母ちゃんにどうしてもらってたか
わからない時は記憶を辿り、思い出してる。


本当に小さい時のことは覚えてはいないけど、
母ちゃんは勉強しなさいと一度も言わなかったし、
子どもにおしつけなかったし、
期待しなかったし、求めなかった。
子どもの世界には関与せず、
本人が決めたことを常に尊重して私たちこどもはいつも自由だった。


そんな母ちゃんのある誕生日に
聞こえるかわかんないくらいの小さな声で私は
生んでくれてありがとうと言った。
ただ照れ臭かったから。



カイトが生まれて、助産院に駆け付けてくれた母ちゃんに、
生んでくれてありがとうとしっかり伝えた。
本当に自分が子供を産んで、母親ってものすごいんだって肌で感じたから。
母ちゃん、横向いて泣いてた。



そして6年前の自分たちの結婚式、
今までありがとう。と母ちゃんに言ったら、
「直美、大ちゃんのお母さんを大事にするのよ」と強い言葉が返ってきた。



死ぬ数日前、
病室でカイトを抱いて黙って母ちゃん見てたら、
優しい声で
「なおみ、ありがとう。」と言ってくれた。


その言葉が、
嬉しくもどうしようもなく悔しくて、
ものすごくさみしくなって、、病室出て泣いた。
ずっとずっと涙が止まらなかった。
抱いていたカイトは泣いた私を見て笑っていた。






あれからもう三年、まだ三年。
私は母ちゃんがずっと元気でいるのはわかってる。
そして私のことを心配していないのもわかってる。
昔からそうだったから。



あなたが育てたわたしは、
変わらず元気で、幸せで、
自分なりの道を何とか生きている。


あなたがいなくなってから、
何かものすごい強い力で突き動かされて、
導かれて、普遍的な何かを掴もうとしているよ。



父ちゃんは、
あなたがいたから強くいられたことに痛いほど気付いているよ。
そして、
もっともっとあなたのことを好きになっていってるのがわかるよ。
だから、それが残念なんだ。
たまにさみしそうな顔を見せる父ちゃんに、
母ちゃんに笑われるよと、いつも喝を入れてるよ。笑



今回、九州を父ちゃんと旅したのも、帰り(今日)は母ちゃんの命日。
旅が好きだった母ちゃんと一緒だったような気もして、
母ちゃんの話をして思い出してたよ。



まだまだ手のかかる男の子二人を追っかけ回す日々で、
いちいち落ち込んでる暇もなく、
母ちゃんのことをゆっくり思い出すことも出来ず、
あっと言う間に過ぎた年月なのかもしれないけど、
三年経って、だいぶ心に整理がついてきたような気がしてる。



それでもまだまだ先に続く人生、
心折れそうになったら、
また母ちゃんのこといっぱい思い出すね。
そしてあなたがしたように、
自分が選んだ人を信じ続けて生きていきたい。


強く前を向いて生きていけるのは、
母ちゃんに強烈な生き様を見せつけられたから。





だから、
ほんとうは、
いつもあなたに、
ありがとうが言いたい。







母ちゃん、
ありがとう。




孫。



ゆっくり実家で過ごす毎日。

027_convert_20120110233423.jpg

今のところ6人の孫。
あっちゅう間に大きくなっていくね。


じいちゃんよ、
おもり出来なくてもいいから、
元気で長生きしてね。



みんながいつまでも笑っていられるように。


2012ねん。



あけましておめでとうございます。



家族そろって、おせち食べました。

PC319903_convert_20120110232557.jpg

PC319907_convert_20120110232631.jpg


一年の始まりですね。
今年もよろしくお願いします。


2012.元旦


年末の大移動



徳島から東京行きのフェリーに乗り込み、
所要時間18時間。

船内ほぼ貸し切り状態。
部屋もあるので、
子供とのんびり。


これからも長く出掛けるときは、
この朝日を見るのでしょう。

PC229683_convert_20120110230042.jpg

東京湾



妹の赤ちゃん。



妹が11月末に第二子を出産した。
妹似の虹光(にこ)。


「小さく生んで大きく育てる」
その言葉通り。


P1039951_convert_20120116143100.jpg


自分もチビ二人いて、
妹の身の回りのことをと思っていても、
結局、何も出来ない。




でも、
また家族が増えてにぎやかになるね。


生まれてきてくれてありがとう。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。