プロフィール

hirusagari

Author:hirusagari
2008年2月24日
3012gカイトを水中出産。
2011年4月12日
2938gエイトを出産、
二児の母。


2010年8月8日
フランスアンティーク
・ブロカントの
東京奥沢で『帆風舎』立ち上げ、
2011年10月四国へ移住。
2013年4月愛知県長久手に移住。
しばらく旅をしながらイベント参加、
ブロカント(フランス古道具)販売中。

夫婦共通の趣味は子育て。
人に出会うこと。

カイトとエイトと愉快な仲間たち。




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORLD JOURNEY (2)

旅が始まり1ヶ月が経とうとしています。


カンボジアへの陸路は本当に大変だったー!
バンコクを出て、カンボジア国境を越えたら凸凹道を
ローカルバスで6時間、
上下に揺られ、普段車酔いとは無縁なのに、酔った酔った。。。
窓から入ってくる砂埃も激しかった。
でも窓からのぞく現地の生活を見れたこともよかったなー。
いいホテルに泊まって、美味しいものを食べてというのは、
またいつかすればいい。
今回はバックパッカーをして心の奥の井戸みたいなものに
手をガーっと突っ込んでみたい、それで何を感じるかが目的。


317913698_135s.jpg

だから、この道のりがあのアンコールワットを
より一層偉大なものにしてくれた気がする。
初日の出は最高に神秘的だった。


317913698_60s.jpg

それから、ベトナムに移動 〜
ホーチミンはとにかくバイクの数に圧倒され、
排気ガスに鼻がもぎれそうだあ。
たまに騙され(笑)←平和ボケしてる。
そのおかげで身が引き締まりました...


323557028_29s.jpg
それからそれからハノイに移動し、
あちらこちらを物色して、
現地の道ばたで食にありつく。


第2段世界遺産のハロン湾へクルージング。
洞窟に入った時は自然の力にパワーを感じたよ、
クルーザーの上で見た満天の星はきっと忘れられないなあ。


そして
黒モン族に会いたいから、
サパ行列車に乗り込んだ。


人生初の寝台列車。
身体を横にして、ゴトゴト揺れる列車の中で、
私は夫婦で本当の『旅』をいうものをしてるんだなあと実感。

朝日とともに列車を降りて、
霜が降りている村を宿探しで歩き回っていたら、
身体が芯まで冷えきって、
とにかく暖まりたいので、
少し高くても宿を決めた。

そして目的の村に行くには12Kもの急な山道を
歩いていかないといけないのだ。
泥道、あぜ道、途中何度も足元取られたけど、
絶対会いたかったので、
ここは気合いと根性です(笑)。

323557028_135s.jpg
モン族は、
ある一定の年齢を超えると、
自らヘンプ布を藍染し、
何ヶ月もかけ襟や袖に細かい刺繍を施し身にまとう。
それを着れなくなるまで、着続ける。
見せてもらった彼女達の手は
みな藍染めの色が染みこんで青い。
大好きなBADOU-Rの職人のように。


そんな事に心躍らされ、時間も忘れていたのだが、
帰りは急な山道で足元しか見れない状況を4~5時間程
下っていかなければならない。
精神的にも体力的にも疲れて果て、
次の日は一日寝込んだ。



その後ハノイに戻り、
陸路で22時間、ラオスのビエンチャンに到着。
とにかく田舎で何もない。
でも何もないのが今の私にはよかった!!!
ご飯も美味しく、いつも以上にほうばる。 食いしん坊健在なり。

ラオスはヨーロッパ人には第3母国となりつつあり、
中国人を含め不動産投資として
土地を買い占めているとのこと。

317913698_170s.jpg

きっと5年後、ここは変わり果ててしまっているのだろう、、、、


続く
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。