プロフィール

hirusagari

Author:hirusagari
2008年2月24日
3012gカイトを水中出産。
2011年4月12日
2938gエイトを出産、
二児の母。


2010年8月8日
フランスアンティーク
・ブロカントの
東京奥沢で『帆風舎』立ち上げ、
2011年10月四国へ移住。
2013年4月愛知県長久手に移住。
しばらく旅をしながらイベント参加、
ブロカント(フランス古道具)販売中。

夫婦共通の趣味は子育て。
人に出会うこと。

カイトとエイトと愉快な仲間たち。




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確信犯。



あとは飛行機に乗るだけっていう安心感。
かなりお腹が空いていたので、
アムステルダムの空港で
ブルーチーズのラビオレをオーダー。
空腹になんでこんな濃い物?っと自問したが後の祭り。
気持ち悪くなって、トイレに行った。


帰ってくるのが遅かったので、
大ちゃんが心配してた。
「全部吐いた」って言ったら、「まさか?」とか言う。
あ、バレたか???!!!


もう買付けも無事終わったし、後は帰るだけ(笑)ってのもあって、
「確信犯です、、、。」っと告げた。
半笑いな大輔君がいた。
そう、妊娠しているだろうことを黙っていて、
やっと帰りに告白したのだ。




自分が9月初旬からフランスに行くと急に決めた。
実は8月末につわりが始まっていて、
今、この事実を言ったら、
あの心配性の大輔君は行くのやめるというか、
もしくは、フランスで大変な仕事を一人で全部してしまうはず。
それはあまりにも酷過ぎるっと判断して、
報告したいとこだけど、
ぐっと我慢して黙っておこうと決めた。
しかも検査もしてない、ただの感だったし。
でも自分の身体のことって、一番自分がわかるんだよねえ。



フランスでの日々は時差ボケもあったのか、
もう気持ち悪いし、眠いしで
トラックの中でカイトと二人爆睡しまくって、
「お前ら寝過ぎ!!!」っと言われても、
「時差ボケって大変だねー」っと返し、
飲むはずのビールやワインも飲まないので、
(悪いことしてるわけじゃないのに)バレるんじゃないかと、
何故かハラハラしてた。。。笑


単純な大輔君は、最後の最後まで疑いもせず、
帰りの空港までは普段通りだった。

IMG1028100641.jpg


やっと今日、病院に行って来た。
あのおじいちゃん先生、元気だった。
こんな時期に、無謀にもフランスに行ったなんて正直に言えなかったけど、
久しぶりに会えて、一時間も話し込んでしまった。
こうして、ゆっくり先生と話していくことで、
大切なことを思い出させてもらい、
心が落ち着き、そして少しずつ準備をしていく。
「出産が本当に素晴らしいということをアナタは伝えていくべき」っと言われた。


あー、またあの最高の感動を味わえるのかあ。。。
痛いのなんてもう、とっくに忘れてる。
嬉しいし、楽しみ。。。




荷物が届くまでは、
少しだけゆっくりお店で過ごそうかなあ。


大ちゃん、運転してる横で寝てばっかでごめんなさーい!
でも、人一倍頑張ってくれてありがとう。




でも何だ?この余裕。。。
二人目ってこんなもの?
経験しているってすごい人間に余裕を与えるんだね。
あー、油断してならぬ、
気をつけないと。。。



スポンサーサイト

確実に。



うん、かわいくなってきたなあーオマエ、
RIMG0093_convert_20100927072426.jpg


でも、やっぱしアナタ達はジャパニーズ!和!
RIMG0032_convert_20100927072305.jpg
本当の姉弟みたいじゃないか!



ただいま。。。



無事帰ってきました。
が、只今時差ボケ中。


あーこれが一番キツい。



帰路



朝起きて、身支度を整えたら
三時間かけてレンタカーを借りたリールまで。
これからが、またなが~い帰り道。

今回、返却時には5500km。
とてつもない距離を走り買付けが終わった。


米とインスタントみそ汁等簡易な物は持っていっていたが、
最後はもう、日本食を食べたくて日本に帰りたかった。

今回カイトは三週間もの間、
風邪もひかず、体調すら崩さず、
長旅にもほとんどぐずらず、
むしろ元気でいてくれたことが一番の救いだったかもしれない。

RIMG2687_convert_20100923040235.jpg


以前の買付けでお世話になった方達にも
現地で偶然会え、
頑張ってるねと励ましのお言葉を頂き、
俄然やる気になったり。


現地で出会った人達も
フランス語が一切わからない自分達に、
それでも一生懸命教えてくれたり、
買付けを快く受け容れてもらったりと、
素人な自分達に沢山の協力をしてもらった。

多くの人に助けられ、
この買付けが終わったこと。
またもや痛感し、
本当にいい人にも出会えた。
仕事だけど、旅の醍醐味。



コンテナの荷積みが終わり、
引渡すと緊張の糸がぱっと切れかけた。
帰りも来た道を戻る24時間がかり。

RIMG2673_convert_20100923040633.jpg

RIMG2684_convert_20100923040653.jpg


無事、日本まで帰れることを願って。


コンテナ積込み

朝から準備で駆け回ってます。←大ちゃん
私はカイトを疲れさせる為にプールで遊ばせてました。


午後、倉庫にコンテナが到着。
うわ~こんなでかいのいっぱいになるかな~
RIMG2569_convert_20100922202240.jpg


RIMG2572_convert_20100922201218.jpg
オトコ仕事です。
どんどん積込んでいくんですけど、
一個一個重いので、現場仕事をしている友人も無口です。
荷積みを大ちゃん+体格いいフランス人3人
それでも既に2時間経過。


見かねた
コンテナ運転手1人、
倉庫のオーナーさん1人、
運送会社のスタッフさん2人が手伝ってくれました。


こちらは通関業務で必要な事務作業。
一個一個商品に番号をふり、
数をチェックし、写真を撮る。
船会社のYさんも手伝ってくれました。
一人だったら、倍以上かかってるなあ。。。
本当にありがたかったです。

RIMG2658_convert_20100922201246.jpg
そして3時間半、
積込み完了!
ケガもなく、無事20フィートコンテナいっぱい。




それで想ったのは、
うちらが購入した家具達をこんなに大勢の人の手によって
大切に積込まれ、日本まで届けてもらう。
何て言えばいいのかわからないんだけど、
自分達がすごいことしてるんだって思ったのです。
ただ買って、ただコンテナに入れるだけじゃない。
だから、このコ達を本当に大切に譲り受けていきたいなって思いました。



本当にお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。


最終週



今日で仕入れ最後の日。
ガツンと集めたい。

神様はうちらを見捨てなかったんです。笑
RIMG2609_convert_20100922201711.jpg RIMG2629_convert_20100922201606.jpg

RIMG2607_convert_20100922201416.jpg RIMG2633_convert_20100922201755.jpg

探していたモノも見つかって、無事完了。
あー嬉しい、本当にうれしい。
さ、明日はコンテナに積込み。
大変だー




夜明け前から。



朝4時半に起きて、市に向かう。
RIMG2514_convert_20100922202630.jpg
懐中電灯を持って品定め。

朝の苦手な自分は、
大ちゃんに叩き起こされ、ここにいます。
寒くて、眠くて、、、
でもいいモノが見つかったとき、
やっぱよかったなって思うのです。

モノ探し



今回の買付けは、
自分たちでやってみようと決心してきた。


色んな事が組合わさって買付けが出来る。
気に入ったモノを見つける為に、
現在既に3500kmもフランス中を走り回っている。

RIMG2381_convert_20100916233146.jpg


自ら仕入先を開拓していく事が一番大事で、
蚤の市での購入は入り口にすぎない。
勿論価格帯も品揃えも含む多くの事。
自分たちで慣れないフランスでフランス語も5words程度しか話せない。
じゃなくて言えない。

もう帆風家の悪ノリと、
大袈裟としかいいようのないゼスチャーで交渉するかない。
でも気持ちが伝わって、
大切なものを譲ってもらえ、
いい出会えが成立したときはものすごく嬉しい。
ハグしまくりだし。。。笑
仕入先が生命線だという意味もよくわかった。


だから、日本にある素敵な品揃えをしているお店のこと、
見えない裏側では、とても努力があるんだなってわかったし、
もっともっと尊敬するようになった。
日本よりフランスで良いものを見つける方が
もしかしたら自分たちには難しいのかもしれない。

RIMG2233_convert_20100912061809.jpg

動いたからこそ、わかることがいっぱい。




倉庫みっかったー!!!



親切なパトリシア&フランス人達のおかげで、
拠点から7kmと近い倉庫が見つかった。
RIMG2407_convert_20100916233152.jpg

ひと安心。
しかもパトリシアの息子が荷下ろしを手伝いにきてくれる。
何ともありがたい話。
自分自身、力があると自負しているけど、
カイトがいるので、人数に数えられず、
体力(荷積み・下ろし)仕事はほとんど大ちゃんに任せっきり。
フランスの古い家具はものすごく重いのに。。。。。。



今さっき、若い男前息子と荷物を降ろしに出かけた。
どうぞよろしく頼みます。

長距離移動

南で大物小物をトラックいっぱいに集められた。

RIMG2370_convert_20100916233539.jpg


RIMG2372_convert_20100916232858.jpg
もうとっても古い写真の大判フィルム入れ。


トラックに入りきらず、また次回引取りになったモノもある。
今回持って帰られないのは悔やまれるが、
それよりも心配なのは、
トラックに荷物いっぱいでブレーキが利かない。
とにかくゆっくり、ゆっくり帰るようにとブロカンターに言われた。

10時間の帰路は予想している。
RIMG2392_convert_20100916233334.jpg


その間、休憩を取りながらカイトをインターの公園や、
マクドナルドのアスレチックで遊ばせたりしながら
宿に帰ったのが、11時。

明日はこの荷物を降ろさないと行けない。
倉庫を見つけないとまずい。。。
朝起きてから、何とかするしかない。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。