プロフィール

hirusagari

Author:hirusagari
2008年2月24日
3012gカイトを水中出産。
2011年4月12日
2938gエイトを出産、
二児の母。


2010年8月8日
フランスアンティーク
・ブロカントの
東京奥沢で『帆風舎』立ち上げ、
2011年10月四国へ移住。
2013年4月愛知県長久手に移住。
しばらく旅をしながらイベント参加、
ブロカント(フランス古道具)販売中。

夫婦共通の趣味は子育て。
人に出会うこと。

カイトとエイトと愉快な仲間たち。




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譲るということ。



先日、東京に行ったのは、
あの目黒のマンションをとても気に入ってくれた方に
譲ることになったから。



花火大会や、夕食の交換や、子供達の預け合い、
学校帰りの子供達がみんな集まって遊んだり、
お隣さんの家でお風呂入ったり、、、、
都内では珍しい長屋みたいな最高の人間関係と
住環境に恵まれたすまい。


このマンションに住んで、
みんな(地域・近所)で子供を育てるということが
どれだけ大切かを教えてもらった。




そして私たち家族は、
見た目、ずいぶん大きなものを手放しているかもしれない。

でもそれを捨てたわけじゃなく、
ちゃんと次に進むために
もっともっと大切にしてもらえる人に『譲る』という方法。




そしてもうここで過ごすのが最後という日、
家族で過ごしたけれど、
なにか懐かしさも感じ、
もうすでにそこであった生活はずいぶん昔のような、
思い出そうとすると
すごく遠くからそれを見ているような感覚。


123.jpg



ここであった出会いや想い、
そして学びは全て持って出たよ。



最後、玄関締めるとき、
大ちゃんと「ありがとう!」って言えたから。




みんな、四国に遊びにきてねー!!!




ほかぜのいえはまだまだいどうちゅう。笑











スポンサーサイト

父ちゃん。




今日久しぶりにスーツに袖を通した父ちゃん。


駅まで私たちを送って、
その足で会社の会議に向かっていった。


父ちゃんが新宿伊勢丹の営業を辞め、
家業に力を注いで38年、
会社を担って、
そして私たちを生かしてくれて、
今日が引退の日。



小さい頃から、
ごくふつうの家ではあり得ない苦労とか、
今思えば子供が知らなくてもいいことも知ったり。

そして遊ぶのが一番楽しい時期に家の手伝いを強いられたり、
父ちゃんはいないか、いたら寝ている姿しか見れなかったりと、
なんてことがいっぱいあった。
でも、それがわたしの育ったうち、それがうちの父ちゃん。



その両親のおかげでいい生き方をさせてもらい、
すぐ近くでたくさんのことを感じられたからこそ、
今の自分がある。




ありがとうって、
ほんとうにいっぱい言いたい。
母ちゃんがいなくなってから、
別に求めてもいないことをガミガミ言う娘だけど、
とっても感謝です。



とうちゃん、お疲れさま。
あなたの仕事に対する情熱を見て育った私は本当に幸せ者だ。
ありがとう。




あとの仕事は長生きしてもらうということ。







久しぶりに遠足???



今日はポリシーあるままのライフスタイル雑誌
『Neem』の取材撮影でした。
大好きな一色紗英ちゃんが表紙のまだ新しい雑誌。
中川正子とステキな仲間達の
メンバーに正子さんから声かけてもらったのです。





編集部の羽田さんも、今井さんもとても感じのいい人だと
友達から聞いていたが、まさにその通りでそれ以上!
まっすぐでしかも心地よい空気感を出していた。
それも合い重なってか撮影だって思ったのは、
カメラがセットされたほんの一瞬だけだったなあ。
まだまだ話してたい!っていうくらい楽しくて仕方なかった。
『遠足』って久々に表現していたのを聞いて、
その言葉とおり!って思った。



twitter上での絡みだけで、リアルに会った今日、
タルマーリーのまりちゃんもこりゃ絶対ぶれないわって位まっすぐ、
意思強く女将していたし、
イラストレータのルウナちゃんの肩肘張らないあの自然体な生き方にノックアウトされ、
正子周り、どうも、やばいわ、、、。



でも今日も含め、
こんなに今(30代)が楽しいなんて、20代では想像もつかなかった。
人と人が出会って、こうも高揚するんだあ~すごい!って他人事みたいに思ったの。
だけど、このメンバーは、もう随分前から知り合いって感じ、
いやむしろ長年の友達だな。(←勝手に)



それに加え今回の取材撮影で一番強く思ったことって、
やっぱり、どんなモノ作りでも、
表側(表面)だけを見てしまいがちだけど、
実際にそのものを作っている裏側には想像のつかない苦労があったり、
ママ(編集部)から出てくるとてつもないエネルギーがあって、
それはそれは大変なのに、
それ自体を自分のものにして楽しんでいるってこと。
モノゴトを色んな角度から見られるようになったら、
そのものの奥行きが出て、
感じ方までもが変わってきて、ものすごいものになると思った。
Neemの編集部の方の人柄や思いは間違いなく受け取ったのです。



岡山(正子邸)に前乗りした夜は、
もやっとしていた部分も彼女と話していたら、
いとも簡単に彼女によってほどかれていった。
その上、「明日の撮影取材に行ったら、きっと何か見えてくるよ」っと、
前夜、正子ちは私に言っていた。
見えるどころか、突き抜けちゃいました!!!





何とも移住してから、いい縁に巡り会うスピードが加速していて、
しかも自分が欲している気持ちのピンポイントでそんな人に会える。
本当に本当にありがとうって大声で言いたい!

IMG_8810_convert_20120512010334.jpg



Neem第3号 6月2日発売!!!
楽しみで仕方ない!!!

















中川正子「新世界」写真展@岡山



昨日は中川正子さんの写真展「新世界」岡山での
オープニングレセプションへチビを引き連れお邪魔した。



時間の中で切り取られた一枚一枚に長い前後が見えてきて、
またその写真からのエネルギーと、
tokyo blue weepsの神々しい音とが融合し、
ぐぅーと深い深い中に吸い込まれている空気感に
いつのまにか頭が無になっていた。


そしてさいちゃんと口ずさんで歌っていた彼女たちを
見守っていたとしおさんがものすごくやさしい顔をしていた。
彼女の綴る愛しかいらないとかって、
真っ向本気だと、わかった。



写真とか音楽とか詳しくわからないけど、
やっぱりその人が持つ人間力が作り出すんだよなあって
思った。



あの場所にいた中川正子という人間を取り巻く
家族、友人まわりの人たちがみな
キラキラしていた。



やばい人に出会ったんだ、自分。



それにあらためて気づいた、
最高の一日。






今。




考え始めたら寝らんなくて、起きてきた。



いつかとか、
また今度とか、
いつ自分がいなくなっちゃうかわかんないじゃん!って本気で思ってるから、
やりたいことは出来る限り今すぐやるようにしてる。




そのやりたいこと、やるべきことの矛先が
自分から自分だけに向いているのか、
自分から回りに向いているのかというのがポイントで、
やっぱり、自分、子供、家族、親戚、地域社会、日本、世界、、、
みたいに少しでも大きな円の枠で考えていきたいなと。




自分の夢とか理想て、実際のところ何なんだろうと考えたら、
今の自分の身体は、二人の子供と大ちゃんでほとんどを占めていて
それを中心とした枠で少しずつやれることをしていって、
毎日疲れて眠れる、そして
朝がくるのを楽しみに生きていたい。でした。



だけど、それよりも先にすることがあるんだって大ちゃんは言います。
それを二人で出来たらもっともっとみんながハッピーになるって真剣に言ってる。
勿論、自分もそれは真剣に感じてる。
全日本を引退してから7年、
しばし悶々とした人生を送ってきたあの人に
やっと火がついて沸々しているのです。
自分たちだけのことはいつか必ず出来るにきまってる。とも言う。
その「いつか」が私は腑に落ちないのです。
今すぐしたい。




繰り返すけど
いつかはない、
いますぐしたいと。



お互いがそう思いながら話せば焦るばかりか支離滅裂。
うまくがちっと噛み合されば、二馬力どころか
想像出来ないくらいのパワーに違いない。
人に答えなんて求めたことがない自分が、
誰か答えをくれないかとも最近思ってしまう。



確かに考えたら、自分しか満たされない小さな欲なんて
捨ててでもやらなきゃいけないことあるんだろうな。
それが使命とかってやつ?ならば
自分が小っこく感じて、本気でたまにやんなる。




あの情熱男の隣りでいる私、だいぶんあおられています。笑
自分でも、大切なことはわかっている。
でも動かないのは、
ただ動けない理由を並べてるほうが圧倒的に楽だから。
でもきっと直感で動いてきたから、
そう思った瞬間を大事に過ごすつもり。



マザーテレサとか、ホントすごい。



心と身体は一体。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。