プロフィール

hirusagari

Author:hirusagari
2008年2月24日
3012gカイトを水中出産。
2011年4月12日
2938gエイトを出産、
二児の母。


2010年8月8日
フランスアンティーク
・ブロカントの
東京奥沢で『帆風舎』立ち上げ、
2011年10月四国へ移住。
2013年4月愛知県長久手に移住。
しばらく旅をしながらイベント参加、
ブロカント(フランス古道具)販売中。

夫婦共通の趣味は子育て。
人に出会うこと。

カイトとエイトと愉快な仲間たち。




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊ちゃん

助産師の菊ちゃん。
カイトを産むとき、支えてくれた。

DSC00895_convert_20090528121420.jpg


アクアバースに検診で行って、
初めて会った時の彼女が印象的で、
この人、波長が合う!と思った。
カリスマ的オーラなのか?

「直、助産院で自然分娩することにしたんだけど、
そこでおもしろくて、めっちゃ元気な人に会ったよ!」と
地元の助産師友達に話したら、
「そこって世田谷?」なんて聞いてきた。
「そうだけど、どして?」と聞くと、
「その人の名前菊池じゃない?菊池だったら私の助産師学校の親友だよ」
「あ~名刺見たらわかるけど、手元にないな~」で終わった。


家に帰ってもらった名刺を見たら、
ちゃ~んと「菊池○」と書いてあった。
何か興奮しちゃって、
また地元の加奈ちゃんに連絡した。
「菊は、ものすごく思いやりあって私はすごいスキ」って言ってた。

まさかのまさか。
ここでつながるとは。
でも、彼女はゆる~く色々教えてくれ、
よくない事は「おすすめしないなあ~」と言う。
何だろう?
この心地よい感じ。


出産後、一ヶ月加奈ちゃんが東京に来るということで
菊ちゃんと一緒にうちに様子見がてら遊びに来てくれた。
ナオの育児は助産師二人にどう映ったのかしらん???
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。