プロフィール

hirusagari

Author:hirusagari
2008年2月24日
3012gカイトを水中出産。
2011年4月12日
2938gエイトを出産、
二児の母。


2010年8月8日
フランスアンティーク
・ブロカントの
東京奥沢で『帆風舎』立ち上げ、
2011年10月四国へ移住。
2013年4月愛知県長久手に移住。
しばらく旅をしながらイベント参加、
ブロカント(フランス古道具)販売中。

夫婦共通の趣味は子育て。
人に出会うこと。

カイトとエイトと愉快な仲間たち。




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11



一年前、
大ちゃんとお店にいた。
大きく横揺れして、
上に置いているものが落ちてきた。
緑道に出て、立ちすくんだあの日。


怖さの中、我に返った。
「カイト大丈夫かなあ、カイト!」
すぐに店を閉め、
保育園まで向かう車の中で
目を疑う映像。
何が起きているのかもしばらくわからず、
映像に釘付けになり、
後ろの車にクラクションを鳴らされハッとし、
運転し直した。



経験したことのない恐怖感。
不安と悲しみにつつまれる中、
東京では帰宅難民と言われる映像が
TVで流れ、TwitterのTLでは、
関東のいろんな方達が拡散で
「帰れない方、暖をとりに寄って下さい」
「温かい飲み物、無料で提供します、寒さ対策して下さい。」
「ヒール、革靴で歩いて帰られる方、古いですけスニーカー提供します。
使って下さい!住所...」
「自転車貸します。少しでも早く家に帰って、
心配している家族を安心させてあげてください。」.......


こんな人のことを思うツイートでTLが埋まった。



大都会で個人主義で、
人には関与しない、東京。
っと思っていたけど、
東京も、日本人も捨てたもんじゃないなって
心の奥にギューってきたあの日。




家族がここにいられる幸せは、
大袈裟じゃなく、
奇跡だって。



あれ以来、
自分の身を置く環境、価値観、
未来への思い、人との関わり、、、
全て変わった。



今まで、
人任せにしていたことが多過ぎた。



震災で被災された方たちの
復興に微力でも力になり続けていく。



未来を紡いでいくために、、、



あの日からはじまること。







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。