プロフィール

hirusagari

Author:hirusagari
2008年2月24日
3012gカイトを水中出産。
2011年4月12日
2938gエイトを出産、
二児の母。


2010年8月8日
フランスアンティーク
・ブロカントの
東京奥沢で『帆風舎』立ち上げ、
2011年10月四国へ移住。
2013年4月愛知県長久手に移住。
しばらく旅をしながらイベント参加、
ブロカント(フランス古道具)販売中。

夫婦共通の趣味は子育て。
人に出会うこと。

カイトとエイトと愉快な仲間たち。




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに遠足???



今日はポリシーあるままのライフスタイル雑誌
『Neem』の取材撮影でした。
大好きな一色紗英ちゃんが表紙のまだ新しい雑誌。
中川正子とステキな仲間達の
メンバーに正子さんから声かけてもらったのです。





編集部の羽田さんも、今井さんもとても感じのいい人だと
友達から聞いていたが、まさにその通りでそれ以上!
まっすぐでしかも心地よい空気感を出していた。
それも合い重なってか撮影だって思ったのは、
カメラがセットされたほんの一瞬だけだったなあ。
まだまだ話してたい!っていうくらい楽しくて仕方なかった。
『遠足』って久々に表現していたのを聞いて、
その言葉とおり!って思った。



twitter上での絡みだけで、リアルに会った今日、
タルマーリーのまりちゃんもこりゃ絶対ぶれないわって位まっすぐ、
意思強く女将していたし、
イラストレータのルウナちゃんの肩肘張らないあの自然体な生き方にノックアウトされ、
正子周り、どうも、やばいわ、、、。



でも今日も含め、
こんなに今(30代)が楽しいなんて、20代では想像もつかなかった。
人と人が出会って、こうも高揚するんだあ~すごい!って他人事みたいに思ったの。
だけど、このメンバーは、もう随分前から知り合いって感じ、
いやむしろ長年の友達だな。(←勝手に)



それに加え今回の取材撮影で一番強く思ったことって、
やっぱり、どんなモノ作りでも、
表側(表面)だけを見てしまいがちだけど、
実際にそのものを作っている裏側には想像のつかない苦労があったり、
ママ(編集部)から出てくるとてつもないエネルギーがあって、
それはそれは大変なのに、
それ自体を自分のものにして楽しんでいるってこと。
モノゴトを色んな角度から見られるようになったら、
そのものの奥行きが出て、
感じ方までもが変わってきて、ものすごいものになると思った。
Neemの編集部の方の人柄や思いは間違いなく受け取ったのです。



岡山(正子邸)に前乗りした夜は、
もやっとしていた部分も彼女と話していたら、
いとも簡単に彼女によってほどかれていった。
その上、「明日の撮影取材に行ったら、きっと何か見えてくるよ」っと、
前夜、正子ちは私に言っていた。
見えるどころか、突き抜けちゃいました!!!





何とも移住してから、いい縁に巡り会うスピードが加速していて、
しかも自分が欲している気持ちのピンポイントでそんな人に会える。
本当に本当にありがとうって大声で言いたい!

IMG_8810_convert_20120512010334.jpg



Neem第3号 6月2日発売!!!
楽しみで仕方ない!!!

















スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。