プロフィール

hirusagari

Author:hirusagari
2008年2月24日
3012gカイトを水中出産。
2011年4月12日
2938gエイトを出産、
二児の母。


2010年8月8日
フランスアンティーク
・ブロカントの
東京奥沢で『帆風舎』立ち上げ、
2011年10月四国へ移住。
2013年4月愛知県長久手に移住。
しばらく旅をしながらイベント参加、
ブロカント(フランス古道具)販売中。

夫婦共通の趣味は子育て。
人に出会うこと。

カイトとエイトと愉快な仲間たち。




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国のなかま。



香川で住んでいる一年半の間で、
最も興味深いイベントが4月14日丸亀で行われた。
それがさぬきオーガニックフェスタ
小出裕章先生田中優さん岩上安身さん、そして日本の悪のシステムをわかりやすくロックローーーールでうたってくれていてるHumanError、大好きなフライングダッチマンが来るなんて、、、香川で自然歯科の松見歯科の奥さんが主催してこんなスーパービッグゲストが香川に集まるなんて、、、
このイベントの一週間後にアースデイ香川を計画していた友人と私。
知った私たちは正直、お手上げで見送ったのだ。
そしてこのイベントに参加せずに四国は出れないと
引越しの日程をずらした私。


おかげさまでここ、四国というまだ本州からは近いようで遠い、
そんな島に「今の日本」という現実が大きく流れ込んでくれたような気がした。


そして私がここ香川に1年半住んで出会った方達は地元人の人もいれば、
東日本大震災以降の東北・関東からの移住者たち。



四国に来て最初に会いたかったのは秋山陣さん、あっこさんファミリー。
IMG_9223_convert_20130426224040.jpg

IMG_1579_convert_20130426224058.jpg

まずは田植えの手伝いをしに行った。
世の中には自給自足して、ゆるく楽しく生きている人たちに出会うことは多い。
それぞれの形がある。
でも私に写った廃材ハウスの陣さんファミリーはなんだか違った、何だろうな、
食生活、、、、、特に驚かなかった。
住環境かな、、、確かにあれはすごい。でもそこじゃない、
もっともっと強いもの。

それは揺るぎない『思考』だった。
至ってシンプル。
だから堂々としている、ぶれない。
どれだけ見ていて気持ちいいか。

きっとみなそうしたくても出来ないから、
何かの波に乗っている方が安心で、
でももうそれは違うような気がして、
もがき、あがいているんじゃないのかなって思ったりもする。


『逞しい』という言葉は秋山家の子供たち3人にぴったしの言葉。
もうこの子たちを見ていたら、将来に不安はない!って思える。

私は子育てって、
偉いこととか、かっこいいことは全然出来ないから教えられないけど、
やっぱり自立させるためにいる『近くの大人』でありたいなって思う。
大人が先回りしてしてあれやこれやとやってしまいがちだけど、
大人が知恵を出して生きていることを見て育つことが一番の学び。
どんな社会事情になっても生きていく術を教えられるオトナがかっこいいなって私は思う。
それがどう転んでも強いんだろうし。
それがどんな方法なのかもそれぞれだけど、
わたしは陣さん、あっこちゃんのこども、
野遊くん、土歩くん、にこちゃんを見ていて安心してしまうのだ。

そして陣さんも弟の源さんも、
IMG_6081_convert_20130426224340.jpg
香川にいた私家族の状況も尊重しつつ、
家族一緒に生きていくことの大切さを
さりげなく、しっかりと教えてくれた。

本当に感謝でいっぱい。



そして葉山から移住してきた広瀬裕子さん

心の奥をすっと話せる人。
一緒にピュンっていい位置にいきましょうね、
またどこかで会いましょうと約束して、
別れた後、こうゆうこと、こうゆうことって自分で大いに納得して
足取りも軽く家路に帰った日のことをとっても覚えている。
次はどこで会えるのか、どんな話が出来るのか楽しみ。

IMG_0403_convert_20130426224408.jpg

小豆島の井上匡さん(写真左)。
もうずっとずっと前から知っていたような、幼なじみのような、
ご近所のようなそんな存在。
だから自分のこともベラベラ話したな。
笑っちゃうくらい、真剣に話していたなあー笑
彼は小豆島をもっともっと色んな人に知ってもらいたいって
小豆島を愛していた。





IMG_3792_convert_20130426224142.jpg

その小豆島仲間の福ちゃん。
彼と何故かフェリーの中で、
今の日本の学校なら行かせなくていい、
ご飯なんていっぱい食べさせなくていいよねって盛り上がったなあ。。。
ストイックじゃなくて、本質を知っているだけ。
これだけ日本がおかしな社会になってきている今、
日本で生きていく難易度が確実に上がっている。
真剣に大事な情報だけをかき集めていかないと
自分がわからなくなる。それはやだな。




IMG_9089_convert_20130426224023.jpg

そして、のんたんようちえんを動かしていたなっち。
のんたんようちえんを知ったのは香川でおいでんハウスをしていたにわじゅんこさんから。
まんのうの古民家で
日々の暮しをママと子供たちで紡いでいた。





香川が地元のカオリン(右)
彼女は今、新生のんたんのようちえんを稼働させている。
何とも頼もしく、とっても意識の高い地元人。
巻きストーブの前で温まりながら話したなーありがとう。



関東→兵庫→香川に移住のケリーさん(左)。
IMG_4994_convert_20130426224201.jpg


ケリーさんの旦那がガットギター弾きのISAくん。
ISAくんの奏でるリズムの音楽がめっちゃつぼ。
IMG_8060_convert_20130426224302.jpg
香川を出る時に贈ってくれた風巡旅人を流してながら
新天地に向かう中、嬉しくも涙したんだ。
ケリー&ISAファミリーは何とも心地よい空気感で覆ってくれていた。




東京の中野からあたしのあこがれの高知に移住した里江さん。
あたし、里江さんときっと長年の友人なんじゃないかってくらい。
そんなことなかなかないよね。

IMG_6378_convert_20130426224224.jpg






フランスからぶっ飛んできた由紀ちゃんとデイヴィッド(写真にはいないけどー)。
デイヴィッドはあらゆるもので濁ったあたしの感覚を
浄化するようなヒントをビシビシくれた。
由紀ちゃんも世界中を旅しているから

とにかく生の話ばっかいっっっっっぱいしてくれて、
小さい枠におったらあかんなっていい刺激をくれた。
IMG_6495_convert_20130426224241.jpg



唯一の公園ママ友のさやかちゃん。
いっつも子育ての大変さを笑い飛ばす笑顔があたしの元気の源だった。

IMG_9924_convert_20130426224125.jpg






新しい土地での生活がやっとこさ、落ち着いてきたので、
私の母子香川生活を支えてくれていた大切な友人たち(写真にはいない友人も含め)のことを
ゆっくり振り返りながら、
色んな人に出会って、力をもらい、知恵をいただき、
そして元気をもらって、やってこれたこと、
心から感謝しています。


私の現在は日々のタスクを何とかこなしながら、
出会いがきっかけで気づきによって上書き、上書きを繰り返し、
無駄なものの削ぎ落とし、大切なものが基になって
楽しく生きれている気がします。



人の出会いが私を支えていて、
人の出会いが本当の自分にリセットしてくれるようなそんな気までしている。
いままで出会った人、これから出会う人、
これから先の未来を一緒に紡いでいけたら幸せです。



まず出会ってくれた人に感謝を込めて。




四国らぶ!!!



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。