プロフィール

hirusagari

Author:hirusagari
2008年2月24日
3012gカイトを水中出産。
2011年4月12日
2938gエイトを出産、
二児の母。


2010年8月8日
フランスアンティーク
・ブロカントの
東京奥沢で『帆風舎』立ち上げ、
2011年10月四国へ移住。
2013年4月愛知県長久手に移住。
しばらく旅をしながらイベント参加、
ブロカント(フランス古道具)販売中。

夫婦共通の趣味は子育て。
人に出会うこと。

カイトとエイトと愉快な仲間たち。




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウドとサーチ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いままでのこと。そしてこれからのこと。



自分の根っこの生き方を探すために、
ゆっくりと色んなところへ旅をしていた。
ここ四国に移住してきてもう一年が過ぎた。
あっとういま。
実際はここに半分もいない。



日々、ぼんやりしていたものが、輪郭づいてきて、見えてきたり、
ぼやけたり、消えていったり、また同じ感覚で見えてきたり、
はたまた全く違う形や流れで見えてきたり、消えていったりの
繰り返し。
すべてそんなものなのかなとも思ってきている。



この一年、モノゴトにくっきり輪郭がつき始めると、自分がそれを受入れなかった。
それが何度も、何度も。
向き合えば向き合うほど自分に嘘はつけないし、
ごまかしたって、どうせ剥がれていくもの。
だったら直感のみの行き当たりばったりで、どうなるものか見てみようと思った。
結構まっすぐしか進めない不器用な二人でも、
私たちを見ている方が心配で落ち着かなくて、
長い間、真っ暗でぐねぐねしてる道を歩いているのか止まっているか、
そのスピードも早いのか遅いのかもわからなし、
きっと理解されない生き方かもしれないけど、
私たち夫婦には今、しっくりきている。





でも、大ちゃんにいい波に乗っている。
それだけは確か。





つながっていく人。




夏になる頃、大好きな方にお手紙をもらいました。
みんな色んなことを考えながら生きているんだなあ、
こうやって思っている人っていっぱいいるんだろうなあって
気付く。




本人からの了解を得て載せています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お元気ですか?
昨日は、メールありがとうございました。
実は、この夏に高知に行きたくて連絡したいなあ。と思ってました。
今は、香川でしたか。

メールよんで、私も同じようなこと毎日考えてます。
生き方、暮らし方。
今の生活が理想では全くないし、
かといってすぐに行動をおこせるでもなく。

こうして、日々東京で、毎日の仕事や家のこと、
子ども達の事に追われ過ごしている私自身、毎日さまよっています。
今回の仕事は、突然の機会でしたが、
全く反応なければ、さっさと次に向かおうなかなんて考えています。
お給料を払っているスタッフのことなど考えるとなかなか今の生活を
スパッツと切りとることが出来ない自分に常にジレンマがあり、
早く本当の本来の自分に会いたい。とも思っています。
今の仕事も好きで、家族や仲間も好きで、かけがえのない大切な宝物だけど、
自分のことももっともっと大切にしないと、って思っています。
本当の夢に向かっていつスタートをきるか、
今の自分や家族、仲間を見ながら客観的にいつもタイミングをみているんです。

次なる目標は、森をつくること。
なーんてね。
というか、自然のなかで暮らしたい。森の中に住みたい。
今は、その準備期間なのかも。
だから直美さんからのメールは、
自分におきかえても同じ目線な部分を感じ、凄くわかる。
ただ私より、直美さんの方が決断力もあり先に一歩進んでいるのは間違いなし。
私はまだまだ根っこの自分に気づけず、
大地に腰を降ろせず、宙に浮いている状態です。
言い訳になってしまうけど、これが人生なのかと、模索しています。
今までの生き方に後悔はしていないけど、
これからの生き方は方向を定めてと思っています。
きっと再会したら、いっぱい、いっぱい話しだすんでしょうね。
そんな日がくるのを楽しみにしています。
あとになりましたが、閉店間際はずいぶんお世話になりました。
帆風舎の衝撃的な記憶は、今も鮮明に残っています。


子ども達の日々の成長が、楽しみですね。
ご自愛下さいね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




私は簡単そうにピョンピョンとあちこちと行っているかもしれない。
彼女と同じように大切なものはあって、心に持っている。

自分に与えられる役割があるように、私は彼女みたいになりたくてもなれない。
人それぞれ違った生き方や役割がある。
私は自分が動くことで、何か気付いてもらえたらいいなって思っている。
動けない理由を考えるよりも、動いた後のもっともっと楽しいことを考えて生きていたい。
だからまず、自分の直感とかを信じてあげてたい。
一歩踏み出したらきっと、世界がちがうから。
そういつも自分に唱えて、祈って、願って生きている。



もう秋の風がぬける。





石徹白での出来事。



8/26に郡上八幡の山の山野や真ん中の石徹白という町。
そこは郡上八幡の町からくねくね道をずっとずっと行くと、
そこには天空の城ラピュタみたいな突起しているような異国な町。
こんなところに?というのが私の第一声。
ものすごい絶景。


311以降日本のことをとにかく知ることが多いのだけど、
日本には、きっと見ようとしなければ見られない知れない、
そんな場所が点在していて、
今まで何を見てきたのだろうと、少し悔しい気持ちにもなる。

ここで住まうかおりさん夫婦はこの場所が気に入って県内移住されてきたそう。
ダンナさんは水力発電を広げるお仕事をしていて、
かおりさんは量産されるようなスタイルのものではない、
ちくちくといそいそと手作りのステキなお洋服を作っている。


ここで今日、友人主催のお産を語る会に参加させてもらったのだ。
私も自分のことを語るなんて、、、と思っていたが、
やっぱりお産のこととなると、いろんな思いが「走馬灯」ってやつだった。


自分の高校時代友人綱木ファミリーが遠くまで来てくれたり、
昔から私のブログを読んでくれているパン屋のutapanさんにも本当に驚いた。
彼女はいつか自由ヶ丘のお店に自分の焼いたパンを持っていきたかったけど、
お店が移転になることをブログでみて、でもその願いが叶いましたって。
その気持ちが嬉しくて、嬉しくて。
それに自然農をしている方、パーマカルチャーをしている方、
地元のママや二人目出産予定のママ、そして初めての出産を間近に備えているいる方。


お話会もわいわい、ゆるく、
途中、我が息子の要求を軽くあしらっていたら、
不機嫌になり大泣きし、お話ししながら大変だった時間もあって、
みんなはのんびり待っていてくれた。
向き合わないとですねって話した矢先、自分が出来ていないのだ。笑っちゃう。
その私の姿も全て現実。


子供を育てながら自分の好きなことだけをするっていうのは私の生き方。
時にはその順位を状況に応じて変える柔軟性を持ってたい。
臨機応変に!て言葉はこうゆうときの私にぴったり。
まだまだ、母ちゃん4年生です。



最近とても大事だなって思ったこと、
思っていることを言葉にして発するっということ。
それは自分の考えていること、状態を
人を介して本来の『自分』が見れるから。
自分を客観的に見るということは意識していないと出来ない。
そして見えてきたこと全てはこれからの進む方向に向けて考える種になるし、
いつも自分という一人の人間を色んな角度から見ていないと、
自分の立ち位置があいまいになる。


そんなこともいっぱい帰り道でリピートして考えてはふむふむ納得して、
考えては捨てて、クリアになった光だけが最後に残ってた。


今日をありがとう。


IMG_3629_convert_20120905152703.jpg



またいつかここに来たいなあ。




感謝してます。


雑誌掲載





8月発売
ポリシーあるママのライフスタイル雑誌
『neem』vol.4 徳間書店

1211.jpg




ワークショップのお知らせ



毎日暑いですね。
こちら四国は南国です。
小学生(低学年)の頃までは夏休みはずっと香川で過ごしていたので、
とってもとってもオーバーラップしています。


ものすごく久しぶりのブログです。
それなのに、見てくれている人がいることに涙出ちゃいます。
ありがとうございます。


お知らせです。


岐阜の郡上の石徹白洋品店さんで
元助産師&鍼灸師の加藤祐里と妊婦の時のこと、出産の体験をお話しすることになりました。

私も今は二児の母。
もうあんな神聖な感じ、
日々の慌ただしさや男子二人の激しさにどんどん忘れかけてきていますが、
またそんな話が出来るなんてっと一緒に参加させてもらいます。



自然出産て実際どんな感じなの?どう過ごすの?
どんな準備しておくの?疑問や、実際どうだったのかと
何でもお話しをしたいなあと思っています。
8月26日、石徹白洋品店さんのお店がやっている間は子供たちといます。
出産にまつわる写真はラフですが、少しだけ飾らせてもらいます。
色んな方とゆっくりお話しをしたいなあと思っています。


あ、追記というか、これ大事です。
私、話すのちっっとも上手じゃないし、
何言ってるかわからない!ってこともあって伝わらなかったらごめんなさい。
行く前にいっておかないと。笑


でもきっと自然出産に興味持っている方なら、
テレパシーで伝わるかもしれないです。



岐阜に住んでいる方もそうでない方も
郡上八幡という町は、
私も小さい頃によく連れて行ってもらっていたキレイな川や山があって、
有名なのは夏のお祭りで、とても素敵なところです。
自然の中で暮らしている興味深い方が多い町です。
是非遊びにきて下さーい!


では8/26、石徹白洋品店でお会いしましょう!!!


P6171763_convert_20120801140323.jpg












お近くの人は是非遊びに来て下さーい!

夏!




子供の成長記録も全然書き留めることもなく、
どんどんどんどん時間が過ぎている。



男子二人揃えば、
保育園帰りに公園へ行き、暗くなるまで遊んで、
そのままお風呂に直行、ご飯、寝る!みたいな
アウトドアーな毎日。
P8102695_convert_20120905150104.jpg


すでに夏の終わりの出で立ち。(特に兄貴)
エイトも歩けるようになってきているので、
いっぱい自然のど真ん中で心身ともに成長してほしいから、
母ちゃんの私の向かう矢印も外、外、外なのです。
みんな逞しく生きよう!!!





雑誌掲載




花活けの手びき 谷匡子
7/12発売  誠文堂新光社

谷さんの手によって帆風舎がアレンジされたあの空間を
はっきりと思い出します。
実際に生で見るのが一番だと思いますが、
この一冊に谷さんの自分の使命、
凛とした生き方、見ている方がピンと姿勢を正すような、
そんな素晴らしい世界がギュッと凝縮されています。
そんな花活けを是非見て下さい!!!


0712.jpg







雑誌掲載




PLUS1LIVING 8月号
主婦の友社 7/6発売

076.jpg








雑誌掲載



カフェのように心地いいインテリア―友人や家族と過ごしたい
(別冊PLUS1 LIVING) [ムック]
6/28発売 主婦の友社

以前の自宅が紹介されています。

628.jpg







雑誌掲載



おおっと、発売後にお知らせしてしまうなんて!


6月2日発売
neem』vol.3 徳間書店
ポリシーあるママのライフスタイル雑誌

1212.jpg

「中川正子さんと素敵な仲間たち(移住組)」に私もご一緒させたもらい、
私+カイト+エイトの写真は正子さんが撮ってくれたのだー!

みなさん是非、手にとって見て、買ってねー!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。